2023年/おでんしゃ(豊橋鉄道)に乗ってきました!

【アイキャッチ画像】おでんしゃ令和5年度

2023年(令和5年度)、豊橋名物?の1つである『おでんしゃ』に乗ってきました!
本記事では、おでんしゃの予約から当日の様子までを公開します!

本記事は2023年12月の内容です。
現在とは異なる場合もありますので、参考にされる際は最新情報の確認をオススメします。

おでんしゃとは?

豊橋鉄道市内線(路面電車)の冬のイベント電車。

居酒屋風にデコレーションされた路面電車に乗って、ビールや日本酒を飲み、おでんやお弁当をつまんでワイワイするイベント。

電車好きはもちろん、ビール飲み放題なのでお酒好きな人にも超オススメです!

おでんしゃ
おでんしゃ
運行時期

11/10~2/25、年末年始を除いてほぼ毎日運行

運行時間帯

月~土は夜運行(18:10集合)、日曜日は昼運行(11:40集合)
※筆者は日曜参加でしたので、昼便でした。
※火・水は貸切便、それ以外は個人便

費用

5,000円/人(2月のプレミアム便は6,500円/人)
貸切便は140,000円(28人まで)

所要時間

約1時間30分

行程
  • 豊橋駅前→運動公園前駅(約25分)
  • 運動公園前駅で停車&トイレ休憩(約35分)
  • 運動公園前駅→豊橋駅前(約25分)
    • 筆者の体感を含むので、若干ズレがあると思われます。
提供品
  • アサヒビール「スーパードライ」(飲み放題!)
  • ヤマサちくわ特製おでん
  • おつまみ弁当
  • 特製オリジナルラベルカップ酒&特製オリジナル枡
  • 別で食事や飲み物を持ち込み可!
  • 缶チューハイ(レモンやラムネ)、緑茶等もあり(数量限定)
  • ピザや揚物セット、生ハムセット等オプション品あり(有料、要予約)
公式サイト

https://www.toyotetsu.com/news/000412.html

『おでんしゃ』は冬季限定イベントですが、夏季には『納涼ビール電車』なるイベントも。今回のおでんしゃが非常に気に入ったので、来年はこちらにも乗りたいと思ってます!

目次

おでんしゃの予約について

おでんしゃは事前予約限定です!
2023年度は、11・12月分の予約開始が10/29より、1・2月分の予約開始が12/17よりとなっています。

2023/12/27現在、公式サイトのネット予約を見る限り、今期分の予約受付は終了しています。
残念ですが、乗りたい方は来期に是非!

予約は公式サイトからネットでできますが、予約開始初日は電話受付のみで、この電話でほとんどの日程が埋まってしまうようです。

筆者は予約開始日の翌日(ネット予約開始日)に予約サイトをチェックしましたが、確かにほとんどの日程が埋まっていました。(平日に数席余っている程度・・・)
→ キャンセルを期待して定期的にサイトをチェックしていたところ、数日後に運良く空きが出たので予約できました!

かなり人気のようなので、絶対に行きたいという方(特に土曜日の夜など)は、電話で予約するのを強くお薦めします。

予約の受付開始日は?

というわけで、受付開始が始まったらすぐ予約したいですが、肝心の受付開始がいつなのか?
筆者がネットで調べた限りでは、公式サイトが更新されるのを待つ以外に確認する方法はありませんでした。。。

毎年11月以降に運行が開始されるようなので、その1ヶ月前(10月)あたりになったら公式サイトが更新されていないかを定期的にチェックするのが確実です。

または、予約受付の旅行会社などに電話で直接聞いてみるのもいいかもしれません。

予約後~乗車当日まで

無事に予約ができたら、予約したおでんしゃが催行決定となるまで待ちます。
最小催行人数(14名)に満たない場合など、催行取りやめとなる場合があります。
人気イベントなので、よほどの事情がない限り実施されると思われます。

催行決定となれば、お支払いに関する連絡(メール or 電話)がくるので、出発の7日前までに支払いを行います。支払い方法は以下の通り。

  • クレジットカード
  • 決済郵便振替またはコンビニ振込みまたはアプリ決済サービス
  • 来店入金(現金・クレジット)

筆者はクレジットを選択しました。
メール文面中にクレジット決済用URLが記載されているので、そちらをクリックしてすぐに決済できます。

また、以下のおでんしゃのチラシと、旅程案内が郵送されてきました。

こちらのチラシは公式サイトでも見られます。

おでんしゃ 乗車記

いよいよ待ちに待った乗車日!
豊橋駅東口・ロータリーにある路面電車乗り場に向かいます。

おでんしゃ
豊橋駅東口の連絡通路より

集合時間の10分程前、路面電車乗り場にはすでにおでんしゃの姿が。

「走る屋台・おでんしゃ」の文字に赤色が目立ちます。
筆者含め、写真撮影する人もたくさん。

集合時間より5分程早いですが、すでに何人か乗客らしき人が。
乗車も始まっているようでした。

おでんしゃ内の雰囲気

さすが屋台を謳うだけのことはあり、予想を超えるほどのガヤガヤした居酒屋の雰囲気!
良くも悪くもあまり広くはないので、お客さん同士で会話も楽しめます!

おでんしゃ内での写真撮影

ガイドさんに撮っていただいた全体写真。

全体を通してとっても温かな雰囲気で、飲み屋さん好きな方なら絶対に楽しめるはず!

ちなみに、お客さんのうち豊橋在住の方は少数で、大半は関東など県外からの旅行客でした。おでんしゃに限らず、こういうイベントって地元の方より観光客に人気なんですよね。(ちなみに筆者は豊橋在住です。)

食事 & 飲み物

テーブルの上には、おでんやお弁当、カップ酒&枡が1人1つずつ置かれていました。
別注でピザや揚物も頼めますが、お酒を楽しむならこれだけでも十分な量と思います。

出発前にビールが配られたので、時間目一杯アルコールを楽しめました!
(1時間30分で4、5杯ほどいただきました。笑)

ただカップ酒を飲む暇がなかったので、これはお持ち帰りに。

豊橋名物でもある「ヤマサちくわの特製おでん」がこちら。車内の雰囲気やお酒との相性も抜群!
たまごは豊橋らしく「うずら卵」が2個。(豊橋はうずらの卵が全国シェア1位です。)

ヤマサちくわ直営の「広小路でんでん」というお店の料理長が仕上げたそう。
広小路でんでん」は、豊橋に来たら是非行っていただきたい個人的ナンバーワンのお店です!

おでん

「最初から用意されていたら冷たいのでは?」と思うかもしれませんが、容器から出ている黄色の紐をひっぱると、1分ほどで湯気が出るほど熱々に!

紐を引っ張ったときの様子(動画)

紐を引っ張ってしばらくすると、蓋がポコッとなります。

お弁当

おつまみ弁当はこんな感じ。
普通のお弁当に比べるとちょっと小ぶりですかね。

トイレ休憩@運動公園前駅

豊橋駅前を出発して約25分ほど、終点の運動公園前駅に到着しました。

こちらで30分ほど停車します。公園にはトイレもあります。
すでにたらふくビールを飲んでいたので、到着後と出発前の2回トイレをお借りしました。(汗)

おでんしゃ@運動公園前駅

道路の真ん中に停車するおでんしゃはかなり目立ちます。
電車好きな方など、ひたすら撮影してる方もいました。

余談ですが、この運動公園前駅に向かう途中の井原交差点は、路面電車としては日本一急なカーブ(半径11メートル)として知られています。電車に乗りながらではよくわからないのですが、線路から大きく車体をはみ出しながら走行する様は一見の価値ありです。

その他イベントなど

おでんしゃのガチャガチャ

おでんしゃ乗車直後から気になっていた、電車中央にあるガチャガチャ。

1回200円で、記念缶バッチが手に入ります。

電車走行中は動きにくいので、運動公園前駅での休憩中や、豊橋駅到着時に利用するのが良さそうです。

実際にガチャガチャをやってみたところ、おでんしゃ提灯の缶バッチが出てきました。

おでんしゃのじゃんけん大会

帰りの車内では、なんと「じゃんけん大会」が。

勝者にはタンブラーや、常連さん?が用意してくれた特製おでんしゃグッズが贈られました。

加えて、一緒に乗車したお客さんからお土産が。

こういう温かな雰囲気、いいですね〜。
一人で参加しても楽しいかも。

降車@豊橋駅前

おでんしゃ@豊橋駅

13時半頃、豊橋駅前に到着。
あっという間のおでんしゃ旅でした。

降りてすぐ、地下のトイレへ直行。
運動公園で2回もトイレに行ったのに、帰りの車内ですぐトイレに行きたくなり、ずっと我慢していたのは秘密。

乗車時間は片道25分ほどとはいえ、ガバガバ飲みまくる人はちょっと危険かも・・・

過去には、どうしてもトイレを我慢できなくて無理矢理途中下車させてもらったお客さんも、いたとかいないとか。(通常の電車も運行しているので、そのまま置き去り。汗)

おでんしゃ@豊橋駅

バイバイおでんしゃ!
次は夏季のビール電車で!

以上、おでんしゃの行程や雰囲気などを紹介しました。

今期分はすでに予約いっぱいのようですが、興味を持っていただいた方は来期に速攻予約!
ぜひ参加してみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次